• 世界の子どもたちは
    どのように
    育ってるのでしょう。

  • 世界には
    どのようなお産の
    イベントがあるのでしょう。

今日のひとこと

~ 日本の紙おむつ ~

紙おむつなどどの国でも同じではないかと思われがちです。世界の紙おむつ事情を調べていますが、たいていどの国でも世界的に有名な Pampers はありますし、Huggies などもあります。アジアではまたちょっと特徴があってこれに日本のメーカーのメリーズなどが加わります。 とにかく紙おむつはトイレットペーパーやティシューペーパーのように消耗品ですし、数量も必要ですし、かさばるので、ほとんどの方は現地で調達できるものを購入されていますが、なかにはやはり日本の紙おむつをたまには使いたいと考えている方々もいらっしゃいます。それは日本のものは品質がよく、かわいらしいということのようです。さらには肌触りや吸水性、漏れなどもないからともいいます。 さて、紙おむつを日本から発送してもらうことはできるのでしょうか?はい、もちろんできます。中にはそのような日本のものを専門に発送する会社もあります。以下は専門業者さんのコメントです。「国際郵便で送る場合、重量の他に大きさの制限があります。多くの国は長さ1.5m以下、長辺+胴周3.0m以下ですが、国によっては長さ1.05m以下、長辺+胴周2m以下という国もあります。このサイズで標準的な紙おむつ54枚入を送るとすると、3mサイズで4つ、2mサイズですと2つ程度しか収まりません。船便で送ると少しお安く送れます。ちなみに紙おむつは製品にもよりますが、1つ25gぐらいです。1つは軽いのですが54枚となると1400g程になります。」 もしご家族に依頼する場合は一度封を切ってばらして梱包すると効率的です。真空布団袋に入れて圧縮すると更に多く送れるでしょう。たまには贅沢をして日本の紙おむつを使ってみたいですよね。

もっと読む

世界のお産

赤ちゃんの誕生は万国共通と思えるかもしれません。
どの国でも赤ちゃんの誕生を喜び祝い、健やかな成長を望みます。
しかし、その国にまつわる妊娠中の過ごし方、
お産の考え方、産後の過ごし方、誕生の祝い方はさまざまです。

詳しくは

サービス

コンサルティング

ここでは、ノーラ・コーリが海外出産・育児コンサルタントとして皆さんのご相談にのります。メール相談が主体ですが、電話(アメリカ在住の方)、対面もあります。施設訪問はニューヨーク近郊に限ります。

カウンセリング

異文化のはざまで生じるさまざまな悩みや問題はその体験をしたものでしかわからないものがあります。カウンセラーのノーラ・コーリは人生の半分を日本、残りを海外で過ごしました。自身の体験を通してのアドバイスもさることながら、カウンセラーとして30年以上のベテランです。ごいっしょに考えていきましょう。



世界の子育て

世界の子育てを集めて100ヶ国以上!
それぞれの国でどのような特徴があるのでしょう。
あやし方、初めての離乳食、しつけの仕方、誕生日の祝い方など

詳しくは