• 世界の子どもたちは
    どのように
    育ってるのでしょう。

  • 世界には
    どのようなお産の
    イベントがあるのでしょう。

今日のひとこと

~ 性的いたずらから子どもを守る ~

小さい頃に、近所のお兄ちゃんや、習い事の先生やコーチに性的いたずらをされた人たちはどのくらいいるだろうか。みんな、しゃべっちゃいけないと口を封じられたり、秘密だからと口止めされたりして言わないできているかもしれない。けれどもプールに入る時に隠すところはすべてプライベートな部分であって、勝手に触ってはいけないところなのだ。そして子どもたちは自分のからだを自分で守る権利がある。もし触ってほしくなかったらはっきりと「やめて」と言わなくてはならない。親がたとえ、「おじちゃんにもチューしな。」と言ってもその子がしたくなかったらしなくてもいいのだ。親を満足させるためになんて決して考えなくていい。本人がいやならそれはいやなことでいいのだ。そのように自分のからだにおいて自分で判断を下していいのだ。

もっと読む

世界のお産

赤ちゃんの誕生は万国共通と思えるかもしれません。
どの国でも赤ちゃんの誕生を喜び祝い、健やかな成長を望みます。
しかし、その国にまつわる妊娠中の過ごし方、
お産の考え方、産後の過ごし方、誕生の祝い方はさまざまです。

詳しくは

サービス

コンサルティング

ここでは、ノーラ・コーリが海外出産・育児コンサルタントとして皆さんのご相談にのります。メール相談が主体ですが、電話(アメリカ在住の方)、対面もあります。施設訪問はニューヨーク近郊に限ります。

カウンセリング

異文化のはざまで生じるさまざまな悩みや問題はその体験をしたものでしかわからないものがあります。カウンセラーのノーラ・コーリは人生の半分を日本、残りを海外で過ごしました。自身の体験を通してのアドバイスもさることながら、カウンセラーとして30年以上のベテランです。ごいっしょに考えていきましょう。



世界の子育て

世界の子育てを集めて100ヶ国以上!
それぞれの国でどのような特徴があるのでしょう。
あやし方、初めての離乳食、しつけの仕方、誕生日の祝い方など

詳しくは