• 世界の子どもたちは
    どのように
    育ってるのでしょう。

  • 世界には
    どのようなお産の
    イベントがあるのでしょう。

今日のひとこと

~ アメリカでの予防接種  ~

日本では予防接種が任意と宣言されてから予防接種を受けない子どもたちも増えてきた。しかし、そのような子どもたちがアメリカに来てぶつかる問題が予防接種完了証明書がないと入学できない事態だ。アメリカでは全市民が予防接種を受けるように小学校に上がる時、大学に入る時などにスクリーニングをする。しかもそのスクリーニングの仕方があまりきれいではない。なぜなら完了していないと入学を許可しないというのだからだ。私も大学院に入学を許可されるのは最終的に B型肝炎の予防接種が終了してからと言い渡された。納得しなかったものの最後の入学の札を大学側で持ち上げていたのでは太刀打ちできないと思って折れた。しかし、子どもの場合そう簡単に折れてよいものだろうか?まずワクチンの危険性は証明されていない。さらにさまざまな子どもがいるにもかかわらず one size fits all のワクチンを与えるのも疑問である。そして子どものからだに入るすべてのものに対して親がコントロールできないなんてそれもおかしい。調べれば調べるほどどうやら予防接種においては製薬会社と政治がからんでいるように思えてならない。最終結論から言うとアメリカ政府は予防接種を強制することはできないということ。もし子どもがその予防接種によって死亡したり、生涯障がいを持って生きることとなったら政府は責任を取らない。ましてや製薬会社は責任を取らない。

もっと読む

最新情報

世界のお産

赤ちゃんの誕生は万国共通と思えるかもしれません。
どの国でも赤ちゃんの誕生を喜び祝い、健やかな成長を望みます。
しかし、その国にまつわる妊娠中の過ごし方、
お産の考え方、産後の過ごし方、誕生の祝い方はさまざまです。

詳しくは

サービス

コンサルティング

ここでは、ノーラ・コーリが海外出産・育児コンサルタントとして皆さんのご相談にのります。メール相談が主体ですが、電話(アメリカ在住の方)、対面もあります。施設訪問はニューヨーク近郊に限ります。

カウンセリング

異文化のはざまで生じるさまざまな悩みや問題はその体験をしたものでしかわからないものがあります。カウンセラーのノーラ・コーリは人生の半分を日本、残りを海外で過ごしました。自身の体験を通してのアドバイスもさることながら、カウンセラーとして30年以上のベテランです。ごいっしょに考えていきましょう。



世界の子育て

世界の子育てを集めて100ヶ国以上!
それぞれの国でどのような特徴があるのでしょう。
あやし方、初めての離乳食、しつけの仕方、誕生日の祝い方など

詳しくは